どのような特徴があるのか

先生と生徒

東京には、たくさんの全日制の高等学校がありますが、通信制高校も少なくありません。通信制高校の特徴は、学校に行かずに自宅で勉強するタイプになります。通常の高校との大きな違いは、毎日学校に通う必要がなく自宅での勉強が中心になることです。教材などは、毎月送られてきますので、そのペースに合わせて勉強するスタイルになるでしょう。通信制高校に行く人は基本的に仕事をしていて、通う時間がなかなかない人です。この場合、自分で計画的に勉強計画を立てておくことが必要になります。また、全日制に比べると友達などができにくそうですが、毎月一回ほどスクーリングといって学校に通う時間帯がありますので、友達や横のつながりをつくりたい場合は積極的に参加しましょう。

インターネットを利用するところもある

描く人

通信制高校は、一昔前まで単に教材が送られてくるだけでした。そうすると、最初のうちは頑張って取り組む人が多いですが、慣れてくるとだんだんと勉強から遠のいてきます。そこで最近は、インターネットを利用して動画などを配信しているところも少なくありません。東京の通信制高校を選ぶならば、動画配信などを積極的に行っているところがよいでしょう。また、モチベーションを上げるためにサポート体制が充実しているところも増えてきましたので、検討してみましょう。

選び方や選ぶ基準を知りたい

勉強道具

これからもし、東京の通信制高校に入学したいならば、単に雰囲気だけで選ぶのはやめましょう。確かに、雰囲気は重要ですがそれ以上に大事なことはしっかりと卒業できるかどうかです。そこで重要になることは、モチベーションが下がった時十分なサポートをしてくれるかどうかになるでしょう。通信制高校によっては、教材だけが送られてきて主なサポート体制がないようなところもあります。そのため、サポート体制が充実しているところを選ぶのがよいです。

本当にやりたいことは何か

教室

東京都内にある通信制高校を選ぶ場合でも、本当に自分がやりたいことは何かを考えて選ぶ必要があります。友達が選んだから何となく選ぶのではなく、自分のやりたいことがそこにあるならば積極的にその通信制高校を選ぶ必要があります。勉強は、最初のうちはだれでも積極的に取り組みますが、慣れてくると興味のない科目ばかりの場合は、机に向かう時間が減少してきます。特に昼間働いていれば、勉強するときには疲れた状態ですのでやる気が下がっていくことも多いでしょう。この時自分のモチベーションを上げるのは、自分にとって興味があるかどうかになります。そのため、本当に自分は何がやりたいのかを明確にした後、通信制高校を選ぶと良いでしょう。

広告募集中