HOME>アーカイブ>多様な学び方をサポートしてくれて、その後の人生も輝く

全国各地から

女性たち

通学することや、卒業までの期間に縛られない勉強方法があります。かつては全日制と定時制が主流の高校教育でしたが、近年はそこに通信制高校が加わって来ています。通信制高校に通うメリットとしては、通学の必要がなくマイペースで学べることです。学生の身分や年齢は多岐に及んでいて、三年間に限らず長期的な視点で卒業を目指すことが出来ます。東京にはたくさんの通信制高校がありますし、全国各地から生徒が集まっています。服装や校則も個人の常識に委ねられていて、自律と自主性を重んじられている校風です。かつては高校中退者の受け皿としての役目が中心でしたが、最近は敢えて通信制に進む生徒が増えています。若手プロスポーツ選手にとっては、競技に集中出来るのが利点ではないでしょうか。卒業後には大学進学の道も開かれていますし、多種多様な人材が育成されて社会に貢献していると言えます。

学費と諸々の費用

学校の模型

東京の通信制高校の大半が、私立だと言われています。公立に比べると費用はかかってしまいますが、それでも全日制に比べると格段の安さです。勉強はインターネットが中心ですし、決められた期限内に課題を提出することが大切です。ただ、気を付けたいのがスクーリングの際の費用です。ほとんどの通信制高校では、年に二~三回のスクーリング授業を義務付けています。遠方から通うのであれば、滞在費や食費、そして諸々の費用がかかってしまいます。また、部活動の遠征も同様のことが言えます。社会人の場合は、まとまった休みを取得する必要もあります。しかし、スクーリングは新鮮な気分を味わえて勉強へのモチベーションを上げてくれます。人生の中でも、貴重な経験を積めると言われています。

広告募集中